体の日焼け対策が必要な理由とは?日焼け止めでさまざまなトラブルを防ぐ!

夏に近づくと太陽の日差しが眩しくなってきますよね。

太陽の日差しが強くなってきたら、紫外線対策も行わないといけない季節に突入したということ!

それに、高い温度が続く日々は、露出の多い服装になっていくので、肌が出ている部分はしっかりと紫外線対策をしないと肌が黒くなるでしょう。

そこで今回は、体に必要な紫外線対策日焼け止めの効果的な塗り方などをご紹介します。

暑い季節にどれだけ紫外線対策が必要か、効果的な体の日焼け対策、日焼け止めの塗り方などを知り、夏を乗り越えましょう!

 

日焼けをしないほうがいい理由とは?

太陽の日差しが強くなってくると、ドラッグストアなどで紫外線対策のグッズが多く販売されているのを見かけることが増えますよね。

だけど、どうしてこれほど日焼け止めなどの紫外線対策のものが増えているのか疑問を持つ人もいるでしょう。

確かに、少し肌が焼けていたほうが健康的に見えますし、元気な印象を与えられるでしょう。

しかし、近年「美白ブーム」の影響や昔に比べると紫外線が強くなっているなどの理由で、日焼け止めなどを使って紫外線対策を行うことが当たり前になってきています。

実は、こういった理由以外にも体を日焼けさせないほうがいい理由があります!

どのような理由で体を紫外線から守らなければいけないのか、以下にまとめてみました。

 

火傷の一種

紫外線を浴びて体が日焼けすることは、一種の火傷だと言われています。

日焼けのメカニズムを簡単に説明すると、体が紫外線を浴びることでメラニンが増加し、色素沈着が起こって肌を黒くしていきます。

また、体の皮膚が黒くなる理由は、皮膚の防衛機能が働いていることが影響しています。

紫外線のせいで体の防衛機能が活発になると、体内のメラニンが紫外線を吸収して肥大化し、肌の色素が黒くなってきます。

これは、火傷を起こした時と同じサイクルが起こって肌が焼けた状態になります。

通常の火傷の場合は、高熱で皮膚を焼く状態なので強い痛みや皮膚がただれるなどの症状が起こります。

だけど、紫外線による体の日焼けは、高熱まではいかないけど低温でじわじわと皮膚を焼いている状態です。

そのため、体に日焼け止めなど何も塗らずに長時間外にいると、低温火傷を起こします。

低温火傷になったら焼けた部分が赤く腫れ上がり、痛みを感じてきます。

低温火傷は、放置するとどんどん悪化するので早めに薬を塗ったり、無理ない程度に冷やしたりする必要があります。

 

大きな病気に繋がることがある

日焼け止めを塗らずに体を焼くことは、「皮膚癌」や「白内障」などの大病に繋がる可能性が高いといわれています。

日焼けによって皮膚癌が起こる原因は、紫外線を浴びることで基底細胞にある遺伝子が傷ついてしまうから…。

通常の遺伝子なら傷ついても修復されて元通りになりますが、大量の紫外線を浴びてしまうことで遺伝子にたくさんの傷がついてしまいます。

そうなると、修復が追いつかなくなって遺伝子の傷が治りにくい状態になってしまうのです。

遺伝子の傷が正しく修復されなければ、間違った状態で治されてしまい正常な細胞でいられなくなります。

正常ではない細胞があると癌細胞を生み出す環境となり、皮膚癌に繋がってしまいます。

日焼け止めを体に塗らずに大量の紫外線を浴びてしまうことは、細胞に大きな痛手を与えてしまうということなので紫外線対策は大事だと分かります。

白内障が起こる原因は、大量の紫外線を浴びてしまうことで目に紫外線を浴びないように防ぐ機能に限界がきてしまうことが主な要因です。

夏場は、特に紫外線の量が凄まじく増えてしまうので目に相当な負担がかかります。

WHO(世界保健機関)によれば、白内障を発症している人の20%は紫外線が原因だとされています。

これほど紫外線による負担が体にとって危険だということが分かります。

しかし、体に塗るような日焼け止めを目に塗ることができませんよね。

そのため、サングラスなどを使って目に負担をかけさせないようにする必要があります。

体に日焼け止めを塗るように、目にはサングラスをかけて紫外線対策しなければいけないってことですね。

 

肌トラブルが起こりやすくなる

体が日焼けすることでほとんどの人が経験するトラブルといえば、「肌トラブル」でしょう。

10代の頃は、日焼けしても気にならなかったという経験を持っている人が多いかと思います。

確かに、10代の頃は体の細胞が元気ですし、成長ホルモンを常に分泌している状態なので、酷い日焼けをしてもそこまで大きな肌トラブルが起こることがないかもしれません。

しかし、20代に突入すると体の細胞は老化していくことになるので、紫外線対策をしなければ大変なことに…!

また、10代の頃に蓄積していたメラニン色素が皮膚の奥底の層から剥がれてシミとして浮き上がってきます。

他にも、しわやたるみという老化による肌トラブルも、日焼け止めをしっかりと体へ塗らずに過ごしていたら起こりやすくなります。

これは、顔だけでなく体にも起こるトラブルなので、若い頃から体の隅々まで日焼け止めを塗るなどの紫外線対策を行う必要があります。

以上、体を日焼けさせないほうがいい理由でした。

体を守るためには、日焼け止めなどをしっかり塗って大量の紫外線を浴びないようにすることが大切です。

ここまで紹介してきた内容を知ると「大量の紫外線を浴びるのが嫌だ!」ということで夏場は、できるだけ外へ出かけることを控える人もいるでしょう。

しかし、太陽の光を浴びることは体にとって必要なことでもあります。

しっかりと体に日焼け止めを塗って、サングラスや日傘などを活用すれば上記のようなトラブルは避けられます。

“全く外出しない”ではなく“体にしっかりと日焼け止めを塗って紫外線対策をして外出する”にしましょう。

そうすれば、紫外線に寄る被害を最小限に抑えて、夏場でも安心して出かけられるようになります。

 

◆体に日焼け止めを塗る時の3つの注意点

体に日焼け止めを塗る時は、いくつか注意すべき点があります。

しっかりと紫外線対策するためには、これから紹介する注意点を押さえておいたほうがいいでしょう。

以下、体に日焼け止めを塗る時の注意点です。

①顔には塗らない

体用の日焼け止めは、顔用に比べると肌への刺激が強くなっています。

顔の皮膚は他の部位に比べると薄くてデリケートな状態で、体の皮膚は顔の皮膚よりも分厚い状態です。

そのため、しっかりと日焼け止めの成分を浸透させるために体用の日焼け止めには、顔用よりも成分が多く含まれています。

日焼け止めを塗る手間を省きたいのなら、顔と体の共用の日焼け止めをおすすめします。

ただし、共用の日焼け止めは体専用の日焼け止めに比べると若干効果が弱くなります。

体用と共用どちらが自分にとって効果的なのかを考えて、日焼け止めを購入する必要があります。

 

②塗り忘れは要注意!

顔も含めて日焼け止めの塗り忘れは避けたいところです。

万が一、体の一部分に日焼け止めの塗り忘れを起こしてしまった場合、そこだけ紫外線による肌の負担を受けることに…。

また、長時間外にいる時に日焼け止めを塗り忘れてしまったら、そこだけ赤くなり黒くなります。

そうすると見た目も悪いですし、肌が弱い人だと低温火傷状態になってケアが大変になります。

こういったトラブルを避けるには、塗り忘れないようにしっかりと体全体に日焼け止めを塗ることが大切です。

もし、塗り忘れてしまったと気がついたら、アフターケアはしっかりと行なってください。

アフターケアせずに日焼けした状態を放置すると、皮膚のバリア機能が衰えてダメージを蓄積しやすくなります。

目に見えないダメージが体に蓄積されていき、大きなシミとして残ることがあります。

アフターケアは、日焼けした部分を冷やす、アロエなどほてりや炎症を抑えるものを塗る、化粧水などで保湿するなどです。

これらを行うだけで、日焼け止めを塗り忘れたとしても皮膚への負担を最小限に抑えられます。

特に、首の後ろ、足の甲、耳などは日焼け止めの塗り忘れを起こしやすい部分なので注意が必要です。

 

③ムラ無く塗る

体に日焼け止めを塗る時は、ムラ無く塗ることも大切です。

顔よりも塗る範囲が広いので、つい雑になってしまうかもしれませんが、日焼け止めにムラを作ってしまうことで変に日焼けすることがあります。

そうすると、知らないうちにシミが体にできてしまっていることも…。

シミは、顔だけでなく体全体にできるものなので、露出している部分はしっかりと塗るようにし、服で見えない部分も塗るようにしましょう。

手間だと感じるかもしれませんが、自分の肌を守るために必要なことです。

ムラが起こらないように体全体に塗るようにして、時間が経つと落ちやすい部分はこまめに日焼け止めを塗るようにしましょう。

そうすることで、一部分だけ日焼けするなどのトラブルを避けられるようになります。

 

以上、体に日焼け止めを塗る時に知っておきたい3つの注意点でした!

これらの注意点を押さえておけば、体の紫外線対策を万全に行えるようになります。

万全な日焼け対策を行なって、健康的な皮膚を守れるようにしましょう。

 

◆効果的な日焼け止めの塗り方はコレだ!4つのポイント

体に日焼け止めを塗る時の注意点を押さえておけば、万全な日焼け対策はできるでしょう。

だけど、より効果的な日焼け止めを体に塗る方法があるなら知っておきたいですよね?

ここでは、さらに効果的な日焼け止めを体に塗る方法をご紹介します!

 

①体にも化粧水で保湿を

顔に日焼け止めを塗る時は、先に化粧水や美容液、乳液をつけて保湿ケアを行なってから塗るでしょう。

実は、この流れ、体にも必要なことになります。

ただ、顔に使っているスキンケアコスメだと広範囲に必要な体には、コスパが悪いですし、高い化粧品だと勿体ないと思うでしょう。

そういった時は、最近ドラッグストアなどでもよく見かける大量に入っているお得な化粧水を確保しておくといいでしょう。

大量に入っている化粧水は、手頃な価格で販売されており、体に使ってもコスパは十分に良いでしょう。

保湿効果の高い化粧水も多いですし、価格も安いのでバシャバシャと使っても「勿体ない」なんて感じません。

1,000円以下で販売されているので、体用に一本持っておいてもいいでしょう。

また、日焼け止めを塗るためだけでなくお風呂上がりに体へ化粧水をつけるのも、おすすめのケアになります。

しっかりと体も保湿することで細胞の働きが活発になって、紫外線によるトラブルを起こしにくい環境を作り出してくれます。

それに、乾燥肌の人は、化粧水で保湿してミルクタイプの日焼け止めを塗ることで効果的に紫外線対策を行えます。

ミルクタイプの日焼け止めは、化粧水を蒸発させないように蓋ができるからです。

それに、日焼け止めに含まれている効果的な成分を浸透させやすくなるのでおすすめです。

 

②下から上へチェックしながら塗る

体に日焼け止めを塗る時は、広範囲になるので塗り忘れが起こる可能性がとても高くなります。

しかし、日焼け止めを塗り忘れた部分が紫外線のダメージを受けてしまうので、必ず忘れないようにすることが大切です。

どうやって日焼け止めを体に塗る時に塗り忘れを起こさないようにするかは、なんとなく塗るのではなく体の下から上へ順番に塗っていくことが大切です。

足からお腹、腕から首というように順序を考えて塗るようにすれば、塗り忘れを起こらないようにできます。

特に、膝の裏や首の後、耳の裏、肘などはチェックしながらでも塗り忘れることがあるので、順番を決めて体に日焼け止めを塗っていくようにしましょう。

 

③体に塗る量を把握しておこう

腕や足などの広範囲に日焼け止めを塗る場合、関節から関節を結ぶイメージで1本の線を引くように出します。

人によって腕や足の長さが異なりますが、関節から関節まで出した量が適量だと覚えておきましょう。

 

④塗る時はくるくるとなじませるように

体に日焼け止めを塗る時は、ついそのまま伸ばしてしまう人も多いでしょう。

しかし、そのまま日焼け止めを伸ばすことは、塗り方にムラを作ってしまう可能性が高くなるので紫外線を防ぐことができない部分が出来てしまいます。

しっかりとムラ無く体へ日焼け止めを塗る時は、円を描くようにくるくると指の腹で優しくなじませるように塗っていきましょう。

そうすることで、皮膚にしっかりと日焼け止めの成分が浸透されて、紫外線の被害を受けないようにできます。

 

以上、体の効果的な4つの日焼け止めの塗り方のポイントをご紹介しました!

上記にご紹介したポイントの中でも、「知らなかった!」っていうのもあったのでは?

これからは、ご紹介した4つのポイントを押さえて意識しながら体へ日焼け止めを塗るようにしてみてください。

日焼けで悩むことなく、紫外線対策を万全に行えているのを実感できるようになりますよ!

 

◆飲む日焼け止めって?

最近、「飲む日焼け止め」に注目が集まっています。

飲む日焼け止めは、体内から紫外線による被害を防げるようにしてくれます。

以下、飲む日焼け止めの効果についてまとめてみました!

 

抗酸化作用を期待できる

紫外線を肌に浴びると活性酸素を発生させます。

活性酸素は、シミを作り出す原因であるメラニンを体内で生成し、肌を黒くします。

体に塗るタイプの日焼け止めなら、外側から紫外線を防げるようにしてメラニン生成ができないようにしますが、飲む日焼け止めだと活性酸素の抑制ができる抗酸化作用を期待できます。

抗酸化作用を期待できれば、シミ予防に効果的だと考えられているので、日焼け対策と同時にシミ予防にも繋がります。

 

肌の免疫機能を守ってくれる

肌の免疫機能を保つためには、ランゲルハンス細胞が必要です。

ランゲルハンス細胞は、紫外線を浴びると減ってしまう性質を持っています。

そのため、紫外線を浴びてランゲルハンス細胞が減少すると日焼けを引き起こします。

しかし、飲む日焼け止めならランゲルハンス細胞の減少を防ぐ効果を期待できます。

細胞の数が減らないようにすることで、体内から日焼けしないように予防できます。

 

老化進行を予防できる

紫外線を浴びることで肌は、老化を促進させるとされています。

紫外線によって老化が起こることは、「光老化」と呼ばれておりシミやシワなどのトラブルが起こりやすくなります。

光老化が進行する原因は、紫外線によって肌の組織を生成するコラーゲンを減少させてしまうからです。

しかし、飲む日焼け止めなら細胞へのダメージを軽減させて、コラーゲンを守ることができます。

そのため、日焼け対策と同時に老化の促進も抑えることができます。

 

体に塗るタイプの日焼け止めと併用する

飲む日焼け止めだけでも体を紫外線から守ることができるといわれています。

しかし、外側の皮膚を守るためには、飲む日焼け止めだけだと物足りません…。

ですから、体に塗るタイプの日焼け止めと併用して使うのが効果的になります。

どちらも使えば、体の外からも中からも万全な紫外線対策ができるでしょう。

 

以上、飲む日焼け止めの期待できる効果のご紹介でした。

飲む日焼け止めは、体内から紫外線対策できるので、日焼けしたくない人からすれば気になるでしょう。

最近は、ドラッグストアなどでも簡単に手に入るので気になるのなら、ぜひ手に取ってみてくださいね!

ただし、妊娠中や授乳中の女性、4歳以下のお子さんは飲まないようにしましょう。

妊娠中や授乳中の女性は、子どもに影響を与えてしまう可能性があるからです。

4歳以下のお子さんにも、飲む日焼け止めで体に負担を与えてしまうことがあるので飲ませないようにしましょう。

 

◆日焼けするシーズンは夏だけじゃない!

日焼けするシーズンのイメージとして、暑い季節である夏のみだと思っている人も多いでしょう。

しかし、日焼けって実は一年中します。

そのため、理想は一年中日焼け止めを顔や体に塗ることが必要なのです。

しかし、一年中日焼け止めを外出前に塗るってなったら結構面倒ですし、抵抗がある人もいるでしょう。

そういった人は、2月か3月~10月まで日焼け止めを塗るようにしてください。

人によっては、「2月は寒いからつけなくてもいいのでは?」と思うかもしれません。

だけど、2月は寒くても1月に比べると紫外線の量が1.5倍ほど増えると言われています。

それに、紫外線の量が増えるだけでなく乾燥や肌のバリア機能が低下してくる2月なので、肌がボロボロになりやすいのです。

10月も暑い夏が過ぎた疲れが肌に残っている時期なので、肌の表面がボロボロになっています。

肌の表面がボロボロになった状態で夏より弱い紫外線であっても、ダメージを感じやすくなるのでケアをしっかりする必要がある季節とされています。

このように2月と10月は、紫外線の力が弱くても肌の状態がボロボロなので、弱い紫外線でも強いダメージを感じて徐々に肌の老化を進行させていきます。

肌の老化が進行すれば、シミやシワ、たるみなどの加齢による肌トラブルが起こりやすくなります。

そのため、肌の状態を保ち続けるには、2月または3月~10月まで、できれば一年中、体に日焼け止めを塗ったほうがいいということになります。

肌にダメージを与えずに健康的な状態を保ちたいのなら、日焼け止めは季節関係なく塗ったほうがいいでしょう。

習慣にすれば、苦痛に感じないようになるので体に日焼け止めを塗る習慣を身に付けるようにしましょう。

 

いかがでしたか?

日焼けがどれだけ体に負担を与えているのかと分かり、日焼け止めを塗ることの大切さがわかりましたよね。

体に日焼け止めを塗る時の注意点や効果的な塗り方を知り、毎日意識して続けていけば白くてキレイな肌を保ち続けやすくなります。

それに、紫外線対策を行うことで老化を防げるアンチエイジング効果だって期待できます!

いつまでも若々しく綺麗な肌だと言われたいと思っているのなら、顔だけでなく体の日焼け対策もしっかりと行ないましょう。

関連記事

日焼け止めを塗るタイミングと選び方を知れば完璧!間違いない顔の日焼け対策